Mens note

男性のコンプレックス・悩みを解決

薄毛

【メセル発毛HCR法】内服薬治療が効かなかった人におススメ

更新日:

発毛HCR法とは?



発毛HCR法とは、再生医療由来の細胞活性化技術体質改善治療による最先端の薄毛治療です。そもそも、AGAとは遺伝的な体質を原因とする脱毛症です。現在の主流な治療法では、AGAの原因となる5αリアクターゼを抑制することで育毛・発毛を促進します。つまり、薄毛の原因を抑えているだけで根治しているわけではないのです。一方、HCR法では、AGAの原因となる体質そのものを改善します。その為、従来の薄毛治療では効果がなかった人にもおススメできるのです。

 

内服薬治療との違いとは?

症状再発の可能性が低い

HCR法では、症状再発の可能性が内服薬治療と比べて低いです。まず、現在主流の内服薬治療は、フィナステリドとミノキシジルの併用です。もちろん、内服薬治療は高い効果が期待できるのでおススメします。しかしながら、内服薬治療の前提は薬の継続的な利用です。フィナステリドは一ヵ月で体内から成分が抜けるといわれているので、一ヵ月後には再発の可能性があります。一方、HCR法は、AGA体質からの脱却をテーマとしています。事実、治療が終わった暁には、日々の薬服用といった、煩わしさから抜け出せるはずです。もしあなたが20代、30代であるならば、数十年間、薬の服用を続けるよりも良いかもしれません。

 

副作用の心配がない

HCR法は、内服薬を一切使用しない為、フィナステリドやミノキシジルにある副作用を心配する必要がありません。例えば、男性器機能や倦怠感はフィナステリドの代表的な症状です。副作用の発症率は、全症状含めても1割もありませんが、発症すると大きな不安に襲われます。実際、多くの体験ブログを見ても、内服薬の使用をやめる理由の一つに副作用が挙がるくらいです。また、ミノキシジルは心臓や多毛症などフィナステリドよりも副作用が重い印象をうけます。確かに、ミノキシジルの錠剤、通称、ミノタブを紹介するブログを見たことがあります。しかし、日本皮膚科学会のガイドラインにもミノキシジルの内服は行うべきではないと記されています。治療効果を追い求め副作用で苦しんでは、本末転倒なので、副作用の心配がないHCR法も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

サービス・会社は安心できる?

現状は口コミ数が少ない

会社の評判を知恵袋や5chにて調べたところ、これといった口コミは見つかりませんでした。良い口コミもなければ、悪い口コミもありません。依然として、有名な治療法ではないので今後に期待したいところです。

 

無料カウンセリングでは押し売りなし

現在、無料カウンセリングのキャンペーンを行っています。AGA治療に限らず、最先端○○の無料カウンセリングでは、案内後のサービス押売りがつきものです。無料○○と聞いても、嬉しくはない人もいるのではないでしょうか?私の知人がカウンセリングに行った話によると、サービスの契約を押し付けられることはなかったようです。気軽に予約してみてはいかがでしょうか?

 

サービス提供元は怪しくない印象

会社である、株式会社日本ナチュラルエイジング研究所について一通り調べてみました。まずは、オフィス住所を検索したところ古びた一軒家ではなく、立派な建物でした。また、会社沿革や代表取締役の履歴がしっかりと記されています。特許番号だけでなく、出身大学等もしるされており、ちゃんとした会社である印象を受けました。気になる方はぜひ目を通してください。

 

結論:内服薬が合わない方におススメ

内服薬治療は効果が最も期待できます。具体的には、フィナステリドの内服とミノキシジルの外用です。先ほど紹介した日本皮膚科学会ガイドラインでも推奨されています。そして、ほとんどの人は副作用にも悩まないはずです。髪の毛が生えそろった後は、ジェネリック医薬品で費用を安く抑えることもできます。つまり、私のように内服薬と外用薬の併用で満足している人はわざわざHCR法に変更する必要はないです一方、従来の方法に不満を覚えている人、あるいは、心疾患でミノキシジルを使えない人などにはおすすめの治療法といえるでしょう。



-薄毛
-,

Copyright© Mens note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.