Mens note

男性のコンプレックス・悩みを解決

スキンケア

【肌質診断】あなたの肌は何肌?

更新日:

肌質は大きく分けて5種類

肌質は大きく分けて5種類で、一般的に、皮脂量と水分量を基準に分類されています。

肌質の種類

  • 普通肌
  • 脂性肌
  • 乾燥肌
  • 混合肌
  • 敏感肌

肌質① 普通肌

皮脂量・水分量ともにバランスが良い肌質です。肌トラブルが少なく、理想的な肌環境といえるでしょう。

チェックリスト

  • 肌のツッパリがない
  • 肌表面がカサカサしない
  • テカリがない
  • ニキビが少ない

 

肌質② 脂性肌

皮脂量・水分量ともに多く、顔全体がべたつく症状のある肌質です。オイリー肌とも呼ばれます。特に、おでこ、鼻、アゴといったTゾーンのテカリが目立ちます。開いた毛穴に皮脂が詰まりやすいため、ニキビや吹き出物ができやすい傾向にあります。一方で、肌の内側は乾燥しているインナードライも考えられるため、ケアが難しいです。

チェックリスト

  • ニキビが多い
  • テカリがひどい
  • 毛穴が黒ずんでいる
  • 顔に触れると手に皮脂がつく

肌質③ 乾燥肌

皮脂量・水分量ともに少なく、顔全体がかさつく症状のある肌質です。乾燥肌は、バリア機能が低下している傾向にあります。その為、肌のトラブルを招きやすいです。具体的には、痒みやかぶれ、皮膚の湿疹といった症状が考えられます。

チェックリスト

  • 肌が粉を吹くことがある
  • 痒みがある
  • 肌がツッパル
  • 肌がくすむことがある

 

肌質④ 混合肌

皮脂量・水分量が部位によって異なる肌質です。脂性肌と乾燥肌の症状が混在するため、鼻はテカるが頬はツッパルなどの症状があらわれる。年齢や季節によっても症状が変化します。

チェックリスト

  • 肌が部分的にツッパル
  • 肌が部分的にテカる

 

肌質⑤ 敏感肌

肌の角質層が荒れており、肌トラブルを抱えやすい肌質です。肌の角質層は外からの刺激から肌内部を守る、いわゆるバリア機能を担っています。その為、乾燥肌に近い症状が現れるとともに、刺激に対して敏感になります。角質層が荒れる理由は、体調の変化、誤った洗顔、過度な日焼けなど日常生活のあらゆるところに存在します。

チェックリスト

  • 肌に痒みがある
  • 肌が痛い
  • 肌がかぶれる
  • 肌が赤くなる
  • 肌がひび割れる

 

肌質別のスキンケア紹介

スキンケアの基本 化粧水は必須アイテムです

化粧水を利用することで、肌の皮脂量と水分量をコントロールすることが出来ます。まずは、化粧水の重要性を理解しましょう。化粧水男子はまったくもって女々しくないですからね。

化粧水には、角質を柔軟にし、水分と保湿成分を与えて肌を整える効果があります。洗顔後、最初につけるアイテムが化粧水という人は多いですよね。洗顔後の肌は、汚れや皮脂が落とされてデリケートな状態です。そのままにしておくとどんどん肌の水分が蒸発してしまうので、化粧水で補給するのは美肌作りには欠かせないステップです。

また、次につける美容液や乳液などが浸透しやすいようにする肌の土台作りとしての効果も期待できます。

出典元:https://www.ci-labo.com/item/kisokeshouhin/keshousui/article/00000169/

 

化粧水を説明する上で保湿というワードが頻出します。すると、皮脂肌の人は化粧水を必要としないのではないか、と勘違いする人がいます。しかし、肌質に関わらず化粧水は必須です。 ただし、化粧水選びを失敗するとべたつくので、一緒に勉強しましょう!

肌質対応!自分に合う化粧水のタイプは?

肌質 化粧水タイプ おススメ成分
普通肌 美白化粧水、ニキビ用化粧水etc
脂性肌 シュウレン化粧水 ビタミンC誘導体 植物由来(ハマメリエキス、イノバラ果実etc)
乾燥肌 保湿化粧水 ヒアルロン酸 セラミド (エタノール入りを除く)
混合肌 シュウレン化粧水(+保湿化粧水)
敏感肌  保湿化粧水 ヒアルロン酸 セラミド (エタノール入りを除く)

肌質別のお勧めな化粧水タイプを選びました。化粧水タイプはお店やインターネットで商品を絞り込むときに役立つかと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

-スキンケア
-

Copyright© Mens note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.