Mens note

男性のコンプレックス・悩みを解決

薄毛

AGAのメカニズムと治療法とは

更新日:

 

AGAのメカニズムとは

AGA(男性型脱毛症)とは、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の5αリアクターゼと結びつきジヒドロテストステロン(DHT)となり、DHTが毛母細胞への血流低下および栄養不足を引き起こした結果、髪が薄くなってしまう状態のことです。

人の毛髪は、Ⅰ成長期、Ⅱ退行期、Ⅲ休止期、によって構成されるヘアサイクルを通して新しい毛髪へと生え変わります。AGAになると、本来の成長期よりも短い期間で退行期を迎えます。ヘアサイクルが乱れることで毛髪が十分に成長できず薄毛となってしまうのです。

①テストステロン ②5αリアクターゼ ③ジヒドロテストステロン(DHT)AGAについて初めて調べた人にとっては、馴染みのない言葉だと思います。3つの用語はどれも大切なのですが、しいて優先順位をつけるとするならば、②5αリアクターゼ、この用語だけ覚えておいてください。5αリアクターゼがAGAの原因であり、その存在こそが加齢による薄毛との大きなちがいなのです!

用語集

①テストステロン 筋肉増大、骨格の発達に作用する男性ホルモンの一種

②5αリアクターゼ 毛根近くの皮脂腺から分泌される酵素の一種

③ジヒドロテストステロン(DHT) 男性ホルモン受容体と結びつくことで、脱毛促進蛋白を増やす

薄毛の特徴とAGAになりやすい人

AGAは5αリアクターゼによって引き起こされると説明しましたが、当然、酵素が多い部位は症状がでやすくなります。そのため、頭頂部と前頭部の薄毛はAGAの代表例とされており、3種類の薄毛タイプに大きく分けることができます。

  • M字はげ 生え際から進行する薄毛
  • O字はげ 頭頂部から進行する薄毛、つむじはげ
  • U字はげ 前頭部から頭頂部まで進行する薄毛

3つのタイプを紹介しましたが、「いまいち病院へ行くべきか判断がつかない…」、という方もいると思います。そこで、ジヒドロテストステロンが多い人に見られる傾向をチェックリストにしました。

注意:当てはまる人はAGA であると断言するものではありません!あくまでも早期発見へのきっかけづくりと思い気軽にご利用下さい

チェックリスト

□大量の皮脂に悩んでいる

□十分な睡眠時間を確保している

□食事に気を付けている

□頭皮マッサージを行っている

□母親の親族に薄毛の人がいる

□こめかみ上あるいは、つむじが薄くなっている

□10、20代と若い時から悩んでいる

いかかでしたか?適切な食事や睡眠時間といった一見プラス要因を項目に入れたのには理由があります。髪の毛にとってプラスに働くはずの行動をとっているのにも関わらず薄毛に悩む人はDHTの作用による薄毛であると考えているためです。無論、当てはまらない人もAGAの可能性はあるので、ひとりで悩むよりもクリニックに行きましょう。

どうすれば治せるのか

 

AGAを治すためには、ずばり5αリアクターゼを減少させればいいのです!AGA治療においては2種類の成分が有効であるとされています。

  1. フィナテスリド:5αリアクターゼの分泌を抑える
  2. ミノキシジル :血管の拡張と成長因子を促す

以上、2つの成分を効果的に用いることでAGAによる薄毛から解放されるのです!さらには、フィナテスリドとミノキシジルは内服薬あるいは外用薬、どちらの方法であっても効果が認められているそうです。つまり、「AGAは内服薬でなくては治らない」、「育毛剤は効果がない」という意見は適切ではないようです。一方で、5αリアクターゼを抑制しない限りは薄毛から解放されません…  規則正しい生活をしているにもかかわらず薄毛に悩む人は、いち早くAGA治療を行うクリニックに足を運びましょう!

5αリアクターゼを抑制する成分は、食事から摂取できるとも言われていますが、十分な量を確保するのは難しいです。費用と期間はかかりますが、AGA治療は専門医に相談することが現時点での最適解でしょう。

 

AGAと生活習慣の関連性

一般的に、AGAと生活習慣には関係がないとされています。しかし、私は、AGA治療において、生活習慣の見直しは極めて重要なのではないかと考えています。十分な栄養補給と睡眠時間の確保といった食生活の改善は血行を良くします。その結果、2つの成分を効率的に吸収する状態となり、AGA治療による高い効果を期待できると思っています。

仮に関係がないとしても、乱れた生活習慣はAGAとは異なる薄毛をもたらしますので、どちらにせよ、気をつけるべきなのかもしれませんね。

-薄毛
-

Copyright© Mens note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.